人気のある自毛植毛は腕のいい医師を探して施術を受けよう

自毛植毛

自毛植毛ではドクターのしっかり質問する

植毛には様々な植毛法があります。そんな中には、自毛植毛というものがあります。自毛植毛とは、その名の通り自分の健康な毛を、植毛したい部分に移植するというものです。自分の髪の毛を使用している為、アレルギーや拒絶反応などを起こすことがありません。このように、メリットが多くある中、もちろんデメリットもあります。
今回はデメリットを、いくつか見ていきたいと思います。まず初めに、普通の髪の毛と同じく成長を待たなければ行けない為、時間がかかります。他の植毛法とは違い、即効性がなくヘアスタイルによりますが期間が、かかります。他に、自毛植毛以外の植毛と違い、痛みを伴うということです。育毛剤やカツラなどとは違い、自毛植毛の場合は手術を行うので、直接的な痛みを感じてしまいます。基本的には、麻酔が切れた後に痛みが伴ってしまいます。また、手術なので手術をした傷跡が残ってしまいます。
髪の毛で隠せるので、あまり気にならないかも知れませんが、傷跡が残ってしまいます。このように、メリットもあればデメリットもあります。デメリットも、よく理解した上で自毛植毛を行うようにしましょう。また、デメリットなどの不安については、しっかり先生に相談や質問を、しましょう。

自毛植毛の良い点

自毛植毛というものを、聞いたことがある方もいるかと思います。今回は自毛植毛の良い点とは、一体なんなのかを見ていきたいと思います。自毛植毛の場合、自分の健康な毛を使用します。主に、後頭部だったり側頭部の毛を使い、薄くなってしまった所に毛を、移植して行きます。自毛植毛では自分の毛を使うため、アレルギーだったり拒絶反応などを、起こすことはありません。自毛植毛は、このような点から安心安全な、植毛法となっています。更に、自毛植毛の良い点は他にもあります。
他の植毛法やカツラなどといったものとは違い、定期的なメンテナンスなどが必要ないのです。なので、自毛植毛は1度の手術のみで終了することが出来ます。費用は、植毛する本数や部位の広さなどで変化します。自毛植毛は、一回の手術にかかる費用は高いですが、定期的なメンテナンスなどが無いため、その分カツラなどよりも結果的には、安いのです。このように、自毛植毛には様々な面から見ても、良い点が多くあるのではないかなと思います。最近、薄毛が気になる方やカツラなどを検討している方は、ぜひ自毛植毛を検討してみて下さい。分からない事などは、インターネットだったり医師に質問などをしてみて下さい。

自毛植毛による後遺症

自毛植毛は外科手術となるので、後遺症になることがあります。自毛植毛は薄毛を改善できますが、クリニックによっては後遺症に悩まされたりします。特に、医師の手で行う植毛方法であるFUE法やFUT法を受けることによって、医師の技術次第で後遺症になる可能性が左右されます。とはいえ、肝心の医師の腕と技術に優れているクリニックを選ぶことにより、自毛植毛の後遺症を心配する必要がなくなったりします。ちなみに、後遺症は後頭部に突っ張り感が続いたり、移植した髪が拒否反応を起こすことで頭皮が炎症を起こす症状に分かれています。
自毛植毛の主流となるFUT法は、医師の手によってメスで頭皮を切開して後頭部や側頭部の髪を、薄毛が気になる箇所に移植します。また、メスで縦に数ミリと横に数センチで頭皮を切開して縫合する形になるので、人によっては後頭部の頭皮が突っ張ることになります。なぜなら、FUT法を受けてから数日間は後頭部の皮膚が突っ張った感じに追われるので、突っ張り感が続くという後遺症を感じることになるからです。ちなみに、人の皮膚は伸びるので突っ張り感が永遠に続くという事態にはなりません。頭皮を切開しない自毛植毛を受けた際は、頭皮が突っ張るという後遺症に追われることはないとされています。

コンテンツ一覧